ホーム >>世界観を反映したリシャール・ミル ブティックが完成
世界観を反映したリシャール・ミル ブティックが完成

まず、リシャール・ミルは、すでに自社製品をブティックでのみ販売する方針を決めており、今回の神戸と福岡のブティックオープンも決定事項にならった形である。だが、製造本数が少ないとはいえラインナップは1000万円前後がエントリーラインという超高級ブランドだ。日本に1店舗でもあれば十分ではないかとさえ思える。しかも、これだけの高額品にもかかわらず売れまくっており、正規新品を購入するのは至難の技。私たちメディアが撮影用の1本を用意してもらうことさえ困難を極める。既存店舗である銀座と大阪のブティックも、選べるほど多くのタイムピースが並ぶことはまずないと考えていい。


このような状況のなか、スーパーコピー時計おすすめリシャールミルジャパンの川崎社長は、今回の新ブティックオープン時の挨拶でこう述べた。


「リシャール・ミルのブティックは、オーナーの方や関心のある方にブランドのコンセプトや哲学、思想をお伝えする場所だと考えています。世界にあるリシャール・ミル ブティックは、すべて創設者であるリシャール・ミル本人が視察し、彼のOKが出て初めてオープンする場所。つまり、リシャール・ミルの考えを知るための最高の環境なのです」


このブランドは、最新技術と伝統技術を融合させたアート作品としても認められている。それゆえ、リシャール・ミルには時計愛好家はもちろん、まったく異なる嗜好を持つオーナーも多い。そうした人々がともに所有することの価値や喜びを分かち合うためのサロンとしても、リシャール・ミル ブティックは機能するわけだ。


「オーナーの方が普段お使いいただくなかで気になった点などが出てきたときに立ち寄れるよう、ウオッチメーカールームも設置しています。高度な技術が詰まったリシャール・ミルのタイムピースを、安心してお使いいただけるような体制を築くこと。それもまた、リシャール・ミルの方針です」

2020スーパーコピー時計、ロレックススーパーコピーN級品質保証も2年です。価格比較.送料無料



前ページ: クオーツショック克服の起爆剤となったスイス時計界の救世主
次ページ: 2010年代からインスピレーション得た「第5弾モデル」