ホーム >>モンブラン 1858 スプリットセコンド クロノグラフ
モンブラン 1858 スプリットセコンド クロノグラフ

モンブランが、その時計作りのノウハウを注ぎ込んだタイムピースを、2019年もまた「オンリーウォッチ(Only Watch)」のオークションに出品します。「Only Watch」は、モナコ公国アルベールII世大公の後援の元、モナコ筋ジストロフィ協会(Association Monegasque contre les Myopathies)により組織されており、収益金全額をデュシェンヌ型筋ジストロフィ(Duchenne muscular dystrophy)国際医学研究プロジェクト協会に研究費として寄付するという、世界をリードするチャリティオークションです。世界最高峰のウォッチブランドが参画しており、2019年で第8回目を数え、これまでに4,000万ユーロを超える募金が集められています。このオークションは、グループや企業の垣根を超えて、卓抜したウォッチメイキングの妙技の数々を披露する檜舞台です。「この素晴らしいチャリティイベントに参加できることを光栄に思います。トップランクのウォッチブランドだけが、この素晴らしい目的を持つチャリティに参加できるのです。また、ONLY WATCHは、社会貢献をする一方で、世界のコレクターやコノサーにとって、世界でただ一つのユニークピースのウォッチを手にすることが出来るまたとない機会となっています」と、モンブランインターナショナルCEOのニコラ・バレツキーは語ります。出展された数々の珠玉のウォッチたちは、2019年9月25日のモナコを皮切りに、ドバイ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、東京、シンガポール、香港、台北を経て、2019年11月9日にジュネーブでファイナルオークションに掛けられます。オークションはクリスティーズとのパートナーシップによりフォーシーズンズホテル・デ・ベルジュにて実施されます。なお、東京では、2019年10月22日と23日、クリスティーズ(東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館4F)にて開催されます。



前ページ: ロジェ・デュブイ、EYE EYE ISUZU内コーナーがリニューアル
次ページ: Stainless steel時計とはどのブランドですか?