ホーム >>ブライトリング DLCコーティングで特別な輝きを身に着けた「ブラックバード」
ブライトリング DLCコーティングで特別な輝きを身に着けた「ブラックバード」

ブライトリングの人気モデル「ブラックバード」は、この飛行機にインスパイアされて誕生した「クロノマット」の派生モデルとして誕生した。


2010年のバーゼルフェアで発表された「ブラックバード・ブラックスチール」は、このケースにDLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)コーティングを施したもの。


これはダイヤモンドの同素材であるカーボン、それも非晶質(アモルファス)構造の結合体のものを、ステンレススティールの表面にイオンプレーティングなどの手段でコーティングするもので、表面硬度や耐摩耗性が飛躍的にアップする。このモデルの場合は、表面硬度が通常のステンレススティールケースのヴィッカース硬度が最高でも1000Hv(ヴィッカース硬度)程度なのに対して、5000Hvに飛躍的にアップしているという(ちなみにダイヤモンドは1万Hv)。


だがDLC加工を施したこのモデルの最大の魅力は、ケースの硬さというよりも、精悍さと華やかさを兼ね備えたケースの「特別な黒い輝き」にあるだろう。心を惹かれた方は、まずはこの輝きを店頭で確認してみてはいかがだろうか。

2019スーパーコピー時計N品、ロレックススーパーコピー品質保証も2年です。価格比較.送料無料



前ページ: アズ コレクション|モードに融合するジュエリー、AS collectionの魅力
次ページ: 輝きあふれる、スワロフスキーの新しい顔が登場(1) ROCK ‘N’ LIGHT|ロックン ライト