ホーム >>【プレSIHH2018】ヴァシュロン・コンスタンタンの新しい 「オーヴァーシーズ」
【プレSIHH2018】ヴァシュロン・コンスタンタンの新しい 「オーヴァーシーズ」

旅行者に向けて作られたヴァシュロン・コンスタンタン「オーヴァーシーズ」に新作が加わった。プレSIHH2018モデルとして2017年11月17日に発表され、2018年2月以降に発売される。


「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」は、新しく開発されたCal.5110 DTを搭載。モデル名の通り、この時計は同軸の針によってふたつのタイムゾーンが同時に読み取れるデュアルタイム機能を持つ。時針は、ユーザーが現在いる場所のローカルタイムを表示し、先端に三角の矢をあしらったもう片方の時針は、リファレンスタイム、すなわち一般的に“ホームタイム”と呼ばれる時間を示す。ふたつの12時間表示の調整は、いずれもリュウズを上下方向に回して行う。ホームタイム表示は9時位置のデイ&ナイト表示と連動し、ポインターデイト式の日付表示はローカルタイムに連動するほか、4時位置のプッシャーでも個別に調整可能だ。リュウズだけでローカルタイムをすぐに調整できる本作は、今まで以上の実用性を持っている。


 ツインバレルによる約60時間のパワーリザーブや、15気圧という高い防水性は既存モデルに同じ。加えて、それぞれのダイアルカラーに合わせたアリゲーターとラバーの2本のストラップが付属する。シチュエーションを選ばない「旅時計」をさらに強調したオーヴァーシーズの新作。ジェットセッターには必須の1本だろう。




前ページ: フレデリック・コンスタントのムーブメント組立実演イベント アフターレポート
次ページ: 「現代の名工」に盛岡セイコー工業の齋藤勝雄氏