ホーム >>ARMIN STROM Pure Resonance 精密さと⾼精度にフォーカスし ます
ARMIN STROM Pure Resonance 精密さと⾼精度にフォーカスし ます

クリアなデザイン


Armin Strom 社は、ブランドのスタイルである、時計作りの本質に焦点をあてた慎重なアプローチを実践しています。しかしながら、そのスタイルにこだわりすぎているかもしれませんが、Pure Resonance では、その方向性がさらに深まり、この時計のもっとも顕著な特徴である、可視化されたデュアル・レギュレーターを強調しています。


このモデルのダイアルには、時刻表示用の2 つのサブダイアルがあります。オフセンターにセットされたダイアルのひとつは、大型のローマ数字とクラシックなレイルウェイ型のミニットマーカーにより時・分を表示します。

針はWater(スティール・バージョン)がスティール、Fire(ゴールド・バージョン)がローズゴールド製です。一方、7 時位置の小さなサブダイアルでは、バトン型の針が秒を表示します。


⾼精度のためのテクノロジー


Pure Resonance が目指すところは変わっていません。全体の精度を向上させながら、興味深い共振するレギュレーターを表示することです。この目的のために、ブランドのディレクターであるClaude Greisler(クロード・グライスラー)は、キャリバーARF15 に備えられている一対のフライバック機構を装備した秒針を廃し、サブダイアルによる秒表⽰の⽅式に変更しました。


その時計の改良された時間測定の⽅式の理由は、ムーブメントへの直接的なアプローチから⾒つけることができます。時計を動かすための機構が少ないほど、精度ということに集中することができます。⾔い換えれば、余分な機能が無いので、正確な時を提供するということに焦点を置くことができます。時刻表示は、下部のレギュレーターから分配されたエネルギーを受け取り、上部のレギュレーターは、共振現象を現出するための役割を果たします。


このコンセプチュアルな正しさは、ムーブメントのデザインにも反映されています。搭載されたムーブメントである最先端のキャリバーARF16 では、共振するレギュレーターと遊びごころのあるレゾナンス・クラッチ・スプリングがハイライトされています。新開発のブリッジには、Armin Storm としては初めての、目を惹くコート・ド・ジュネーブ装飾がなされています。「ムーブメントのアーキテクチャを再設計する目的は明確で、レゾナンスの輪列と精度に焦点をあてたのです。」とGreisler は言います。

2018スーパーコピー時計N品、ロレックススーパーコピー品質保証も2年です。価格比較.送料無料



前ページ: ヒストリーク・アメリカン1921・36.5mmを追加【ヴァシュロン・コンスタンタン】
次ページ: オーデマ ピゲ、SIHH2018新作の総て!~底知れぬ膨大な新作群を可能な限り実機でレポート