ホーム >>徹底したこだわりが引き寄せる、孤高の価値【アーミン・シュトローム】
徹底したこだわりが引き寄せる、孤高の価値【アーミン・シュトローム】

「1本筋が通っている」。筆者が好きな言葉の1つだ。なぜなら、筋を1本に絞る、というのは、不要なモノを全てそぎ落とし、必要なモノだけを残してこそ、初めてそう言えるからだ。


 それでは、実際にそうできるのか、と言われると、実は全く自信がない。何が必要で、何が不要なのか、選び取る段階で迷いに迷ってしまうのだ。


 もちろん、個人と法人・企業では同じ尺度で測ることはできないのは重々承知の上だが、それでも今年のアーミン・シュトロームの徹底したこだわり振りには驚かされた。なにせ、ブランド自身が「スタイルにこだわりすぎかもしれない」というくらいなのだから。


 ただそれは、この場合、深い自信に支えられた謙遜であることは容易に想像がつく。なぜなら今年の新作を「Pure Resonance(ピュア・レゾナンス)」名付けたことによる。


 アーミン・シュトロームがPure Resonanceで表現したかったこだわりとは「精密さと⾼精度」。精密さは機械式腕時計としての機能はもちろん、今回発表されたモデルに搭載されているレギュレーター機構の「見せ方」までをも含む。高精度は読んで字のごとく、時計としての本来の機能である計時性の高さだ。

2018スーパーコピー時計N品、ロレックススーパーコピー品質保証も2年です。価格比較.送料無料



前ページ: タグ・ホイヤー 銀座 ブティックのオープニングにブランドアンバサダー
次ページ: ファッションの達人!ここにはいつも君に向いた帝舵Style風還腕時計がある