ホーム >>タグ・ホイヤー 銀座 ブティックのオープニングにブランドアンバサダー
タグ・ホイヤー 銀座 ブティックのオープニングにブランドアンバサダー

4月9日、東京銀座に今月オープンしたタグ・ホイヤーの新コンセプトブティック「タグ・ホイヤー 銀座 ブティック」のオープニングイベントが行われ、モデルでアンバサダーのベラ・ハディッドが参加しました。


 ベラは、自らの限定モデル「タグ・ホイヤー リンク レディ ベラ・ハディッド エディション」を身につけ、タグ・ホイヤー CEO 兼 LVMHウォッチ部門 プレジデントのジャン–クロード・ビバー、人気歌舞伎俳優の中村獅童さんと共に、酒樽を開いてのオープニングセレモニーに参加しました。中村さんは、 銀座ブティック限定モデルとして歌舞伎をイメージした時計「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー 02T GINZA エディション」が発売されたことから、特別ゲストとして招かれました。


 ベラは新ブティックで、自らのビジュアルが採用されている動くファサードや、世界に先駆けて発表されたデジタル・ディスプレイに初めて触れ、ブティックの中でも特にユニークな最新のコネクテッド什器であるiTAGを体験しました。


 ディスプレイにセットされたタッチパネルをクリックしたり、ブランドのテーマやコレクション名をブラウズしながら操作するだけで、好みのモデルを選ぶことができます。また、タッチパネルとiTAGが同期されており、ディスプレイが回転して選んだモデルが瞬時に現れ、自由に時計に触れることができたり、選んだ時計の情報は顧客のモバイルデバイスに転送することができます。また、MY TAG Heuerにログインすればブティックの外でも購入することができるなど、このブティックの革新的なコンセプトは、時計製造の世界において初のことであり、オムニチャネルブティックでの購入体験と合わせ、顧客にブランドの世界に浸れる機会を提供しています。


 ベラ・ハディッドは 「この新ブティックには本当に驚きました!時計に簡単に触れることができるし、購入するのもずっとシンプルです。そしてタッチパネルディスプレイを簡単に使うだけで時計が選べるのがとても面白いと思います。このブティックのオープンに立ち会うことができて大変光栄ですし、私自身も日本文化に触れることができ、 何もかもがすばらしく、楽しかったです!」とコメントしました。



前ページ: “1858”が意味するもの、モンブランを支えるもう一つのDNA
次ページ: 徹底したこだわりが引き寄せる、孤高の価値【アーミン・シュトローム】