ホーム >>DKSH ジャパンが『RESSENCE(レッセンス)』の取り扱いを開始
DKSH ジャパンが『RESSENCE(レッセンス)』の取り扱いを開始

DKSH ジャパンは、ベルギーの時計ブランド「RESSENCE」(レッセンス)と総代理店契約を締結、2019 年1 月1 日より同社製品の日本での取扱いを開始する。ベルギー出身の工業デザイナー、Benoit Mintiens(ベノワ・ミンティエンス)によって、2010年に創立されたレッセンス。ブランド名は、Renaissance(ルネッサンス)とEssence(エッセンス)の2つ

の言葉の融合だ。伝統的な時計製作のアプローチとは全く異なる構造の時計は、ベルギーのアントワープでデザインされ、スイスのフルリエで作られている。

レッセンスは“使って心地よい” “読み取りやすい” “付け心地が良い”等の機能面からデザインされる。その結果、(重なった)針がない、リューズが無い、ブランドロゴが無い、クオーツを使用しない、小石のような丸みがあるといった点が、デザインの主要要素になっている。洗練された流体のデザインや、ディスクによる時間表現だけではなく、従来の時計にはない革新的な技術も隠されているのだ。



前ページ: 日本時計輸入協会が『2019 時計ブランド年鑑』を発売
次ページ: 人気スタイリスト辻 直子さんとコラボしたティソ「バナナ・ウォッチ」