ホーム >>R&D組織が量子コンピューターの動向もウォッチする理由
R&D組織が量子コンピューターの動向もウォッチする理由

 VMwareの上席副社長兼CTO(最高技術責任者)であるレイ・オファレル(Ray O’Farrell)氏は2019年7月4日、東京都内で同社のR&D戦略について説明した。この中で、量子コンピューターの進化についても研究していると説明した。


 なぜ、VMwareが量子コンピューターを研究しなければならないのか。現在の公開鍵暗号が実用的なスピードで解読されてしまう日がそう遠くないうちに来るからだという。


 「256 ビットのモジュラー楕円曲線暗号では約2300 Qubit、2048ビットのRSA暗号では約4000 Qubitの量子コンピューターであれば十分短時間に秘密鍵が見出せるようになる」(オファレル氏、以下同)


 例えば2025年ごろには2000 Qubit規模のハードウェアが登場し、現在の公開鍵暗号方式では安全といえなくなる。このためVMwareでは、グループ会社のRSA Security、大学、業界団体などと連携し、自社製品における適切な耐量子暗号方式への移行を推進する。このための具体的なロードマップを策定しているという。「プロアクティブな(先手を打った、事前の)対応」が不可欠だと、オファレル氏は強調した。



ロレックススーパーコピー等のスーパーコピー腕時計の通販です。弊店はNoob製の最高級のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、2年品質無料保証します。全サイト15%OFFキャンペーン実施中です。お問い合わせ:050-4560-1435 斉藤 幸宏



前ページ: 4型のスマートウォッチ「Nubia α」は操作が楽しい
次ページ: ブライトリング腕時計、アフターサービスの問題