ホーム >>ブライトリング腕時計、アフターサービスの問題
ブライトリング腕時計、アフターサービスの問題

1、保証サービス:すべての授権付きのブライトリング腕時計は購入日から二年間の国際保証サービスがあります。腕時計に自作のマシン芯があれば、五年間の保証サービスがあります。

2、保証条件:腕時計は授権が必要で、腕時計は毎年ブランドアフターサービスに行って防水検査を行う必要があります。

3、延保問題:ブライトリングコピー腕時計は修理またはメンテナンスを経た後、アフターサービスの拠点は相応の領収書または納品書にサービスを明記し、保証期間を与えます。

4、メンテナンス時間:腕時計の総合的なメンテナンスは普通4~5年で一回行われます。具体的には腕時計の使用状況と型番によって決められます。

5、サービス価格:メンテナンスであれ、修理であれ、すべての費用が必要な項目はブランドの提示した見積書にサービス価格を明記します。



前ページ: R&D組織が量子コンピューターの動向もウォッチする理由
次ページ: オメガ腕時計のメンテナンス、これらに注意してください。