ホーム >>時計好きのみなさんセイコーと東京オリンピック2020の意外な関係性
時計好きのみなさんセイコーと東京オリンピック2020の意外な関係性

時計好きであれば言わずと知れたセイコー。国産時計を代表するメーカーですね。

プロユースのスポーツコレクション「プロスペックス」、至高のドレスウォッチ「クレドール」、世界初となるGPSソーラーウォッチ「アストロン」など、その名作を挙げると枚挙にいとまがありません。

そんなセイコーは、機能性を重視した外装とは裏腹に、数々の華麗なる歴史を持っていることでも有名です。

例えば前述の世界初となるGPSソーラーウォッチはもちろん、世界初クォーツウォッチの市販化、世界初クォーツと機械式時計の良いとこどりをしたスプリングドライブの開発・・・そして今回の話題となる、計時技術でも、世界初となる数々の経歴を打ち立てました。

始まりは、1964年。戦後初となる東京オリンピック・パラリンピック大会での出来事です。

詳しくご紹介いたします。

2019スーパーコピー時計N品、ロレックススーパーコピー品質保証も2年です。価格比較.送料無料



前ページ: 婚約指輪のお返しはコレ!男性が絶対喜ぶ腕時計スーパーコピー10選
次ページ: 超が付くほどの高級時計 リシャールミルの凄さ高いのになぜ売れる