ホーム >>超が付くほどの高級時計 リシャールミルの凄さ高いのになぜ売れる
超が付くほどの高級時計 リシャールミルの凄さ高いのになぜ売れる

リシャールミルという時計ブランドをご存知でしょうか?

2001年に誕生した新興メーカーですが、スーパーコピー時計界の異端児とも呼べる存在です。

と言うのも、ZOZOTOWNの前澤友作社長やプロデューサーとして高名な秋元康さん、テニスプレイヤーのラファエル・ナダルさんなどの、そうそうたるセレブたちの愛機であったり、2000万などと言う衝撃プライスが製品の平均単価であったりと、その名を広めるのに時間はかかりませんでした。

もちろんただ話題性がある、だけでは終わりません。年間製造本数は少ないですが、1本1本のクオリティーは他のブランドを圧倒する凄みがあることでも、時計界にとっては「衝撃の新興メーカー」なのです。

この記事では、そんな超高額時計を世に放ち続けるリシャ―ルミルの凄さと、「なぜこんなに高いのか?」かつ「なぜこんなに高いのに成功しているのか?」この秘密についてお話いたします。



前ページ: 時計好きのみなさんセイコーと東京オリンピック2020の意外な関係性
次ページ: 女性の腕時計、Air腕時計は夏の花のように輝いています。