ホーム >>腕時計のぜんまいを巻く時、何に注意しますか?
腕時計のぜんまいを巻く時、何に注意しますか?

はい、自動機械時計もぜんまいを巻く必要があります。自動腕時計の芯に自動上弦の陀槌があります。腕時計は円周運動をして、エネルギーをどんどん発生させて、針の滑らかな回転を促進します。運動量が少なく、常に活動したくない人たちには、腕時計のエネルギーが足りないので、ねじを巻く必要があります。

自動巻きの腕時計はぜんまいを手動で巻くか、自動で巻くかにかかわらず、締めすぎの心配はない。自動時計の設計時にこの問題を考慮して、デザイナーは中にバネ防止装置を設計しました。みんなに腕時計のねじを巻く時、速すぎないでゆっくりして、そっとしていることを勧めます。腕時計のデザインが複雑で、部品が多いので、普段は腕時計の手入れに注意してください。

自動機械スーパーコピー時計は毎日8時間以上装着すれば、多く運動すれば腕時計の動力エネルギーが保証されます。腕時計のぜんまいは手動で行う必要がありません。常に運動や長期的なデスクワークをしない人には、手動でゼンマイを巻くことで腕時計に必要なエネルギーを補うことができます。だから腕時計が止まったらムーブメントの問題ではなく、運動量が足りなくて腕時計のストになるかもしれません。腕時計を見ても性質があります。あなたが私を満足させないと仕事をしません。

時計ファンにとって、自分の好きな時計がある時、暇さえあれば拭いて、耳もとに上げて聞いてください。必要ならゆっくりと上弦してください。上弦の顔に満足のいく笑みがあふれています。腕時計のぜんまいは一種の楽しみです。人々は好きなものに対して、いつも心を込めて面倒を見ています。

2019スーパーコピー時計N品、ロレックススーパーコピー品質保証も2年です。価格比較.送料無料



前ページ: ロレックスバンドの外観、真偽の見分け
次ページ: 日本の腕時計ランキング、価格