•  ID  番号
  • パスワード


ホーム >>2007年春のオメガマニア・オークション
2007年春のオメガマニア・オークション

時計好きならご存じかと思いますが、スイスのジュネーブに「アンティコルム」という時計専門のオークション・ハウス(競売業者)があります。創立は1974年といいますから、すでに30年以上の歴史があります。


このアンティコルムが、2007年4月に「オメガマニア」というオークションを開催しました。

これはその名のとおり、オメガだけにテーマを絞ったワン・ブランドのオークションでした。


このオークションの開催の知らせを受けたとき、僕がいちばん驚いたのは、「オメガマニア」という名称です。

日本では「マニア」という言葉は、「趣味に熱中している人」といった意味で、わりと普通に使われますが、欧米では、よほどのことがない限りつかわれないようです。


たとえばスイスを訪ね、時計会社の人との会話中、何気なく「日本の時計マニアは……」といった表現をつかうと、非常に怪訝な顔をされます。

どうやらあちらでは「マニア」というと「モノゴトに度を超して熱中し、かなりいっちゃった人」といったニュアンスらしいのです。


その「マニア」という言葉を、なんとアンティコルムがオメガ専門オークションのタイトルとして堂々とつかってきたこと。それが僕を驚かせたのです。



前ページ: GSXが仕掛けた時計「富嶽」の真相
次ページ: ハイエックセンターに建築家が込めた、大胆な着想と、その背景にあるもの